医師の残業上限年1900~2000時間 厚労省案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
医師の残業時間規制厚労省案(イメージ)
医師の残業時間規制厚労省案(イメージ)

 厚生労働省は11日の医師の働き方改革に関する有識者検討会で、地域医療を支える医療機関の勤務医の残業時間の上限について「年1900~2000時間」とする案を示した。検討会は今後、厚労省案を踏まえて議論を進め、今年度末に具体的な規制案をまとめる。

 医師の残業規制について厚労省は「一般的な勤務医」「地域医療の核となる医療機関の勤務医」「専門性や技能などを高めようとする若手医師」に分けて検討している。

 11日に示された厚労省案は、一般医師については過労死の労災が認められる目安(残業月80時間)を基に、休日の勤務も含め年960時間を上限とした。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文829文字)

あわせて読みたい

注目の特集