メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?

カルロス・ゴーン前会長=徳野仁子撮影

 「ゴーン氏が動かしていた資金の流れはかなり複雑だ。最初の送金先は分かるが、その先の流れまで追えないケースもある。全体像が見えない」。ある日産関係者は語った。

 ゴーン前会長は11日、約13億円をサウジアラビアの実業家、ハリド・ジュファリ氏へ私的に送金したとして起訴されたが、他にも私的流用疑惑がある。

 関係者によると、前会長の指示で日産の子会社「中東日産会社」からオマーンの販売代理店に約35億円、レバノンの販売代理店に約17億円の資金が流れたとされる。代理店の経営者はいずれも前会長の知人。原資はジュファリ氏への送金と同様、最高経営責任者(CEO)だった前会長が自由に扱えた「CEO予備費」だったという。

 さらに、オマーンの代理店側からはペーパーカンパニー経由で、ゴーン前会長の妻のペーパーカンパニーに約…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです