メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?

カルロス・ゴーン前会長=徳野仁子撮影

 「ゴーン氏が動かしていた資金の流れはかなり複雑だ。最初の送金先は分かるが、その先の流れまで追えないケースもある。全体像が見えない」。ある日産関係者は語った。

 ゴーン前会長は11日、約13億円をサウジアラビアの実業家、ハリド・ジュファリ氏へ私的に送金したとして起訴されたが、他にも私的流用疑惑がある。

 関係者によると、前会長の指示で日産の子会社「中東日産会社」からオマーンの販売代理店に約35億円、レバノンの販売代理店に約17億円の資金が流れたとされる。代理店の経営者はいずれも前会長の知人。原資はジュファリ氏への送金と同様、最高経営責任者(CEO)だった前会長が自由に扱えた「CEO予備費」だったという。

 さらに、オマーンの代理店側からはペーパーカンパニー経由で、ゴーン前会長の妻のペーパーカンパニーに約…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文776文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです