メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高梨「ベストを尽くす」 ジャンプ女子W杯記者会見

スキージャンプ女子W杯札幌大会の健闘を誓う高梨沙羅(右から2人目)や伊藤有希(右端)ら=札幌市中央区で2019年1月11日午後0時20分、貝塚太一撮影

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子の第6、7戦(ヒルサイズ=HS137メートル)が12、13の両日、札幌市大倉山ジャンプ競技場で行われる。11日は有力選手の記者会見が札幌市内で行われ、2018年平昌冬季五輪金メダルのマーレン・ルンビ(ノルウェー)、銀のカタリナ・アルトハウス(ドイツ)、銅の高梨沙羅(クラレ)、9位の伊藤有希(土屋ホーム)が意気込みを語った。

 16年1月以来、日本でのW杯優勝から遠ざかっている高梨は「できる限りのことは尽くし、しっかり結果を残せるように頑張りたい」と話した。これまではノーマルヒルの宮の森競技場での開催が多かったが、今回はラージヒルの大倉山。「(男子の試合では)ビッグジャンプのたびに力をもらえたので、私もベストを尽くす」と誓った。

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです