メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷかぷかさんと

/下(その2止) 楽しいことを一緒に 理解は「笑い」から

=1めんからつづく

     「カフェベーカリーぷかぷか」の人気にんきあじだけではありません。「ぷかぷかさんがき」「ぷかぷかさんにいやされた」というファンが自然しぜんえていきました。

     みせはじめた高崎明たかさきあきらさんは「障害しょうがいのあるひとたちを社会しゃかい無理むりわせず、そのままの姿すがたせただけ。かれらのありのままの姿すがた魅力みりょくがあるとおきゃくさんたち自身じしん気付きづいたのでは」とはなします。

     そんなぷかぷかにあつまってくるのはおきゃくさんだけではありません。家族かぞく障害しょうがいのあるひとや、福祉施設ふくししせつひとなど全国ぜんこくからたくさんのひとおとずれます。

     たくさんのひとがぷかぷかをお手本てほんにしようと、見学けんがくおとずれるということは、社会しゃかい全体ぜんたいとしては、障害しょうがいのあるひとたちにたいする理解りかい十分じゅうぶんではないことを意味いみします。障害者しょうがいしゃたいしてマイナスのイメージをひとすくなからずいます。

    お昼ご飯をぷかぷかさんたちと楽しそうに食べる高崎明さん(左)

    [PR]

     2016ねんがつ神奈川県かながわけん相模さがみ原市はらしかなしい事件じけんこりました。相模さがみ原障害者施設殺傷事件はらしょうがいしゃしせつさっしょうじけんです。この施設しせつもと職員しょくいんで、事件じけんこした被告ひこくは「障害者しょうがいしゃきていても意味いみがない」などと障害しょうがいしゃ差別さべつするような発言はつげんをしたとされています。ぷかぷかにるおきゃくさんとはぎゃくのことをっています。

    対等たいとう関係かんけいきず

    パンを買ったお客さんに配るありがとうカード。すべてぷかぷかさんの手作り

     ぷかぷかでは、スタッフとぷかぷかさんたちは「支援しえんするひと」と「支援しえんされるひと」という上下関係じょうげかんけいではなく、みんなおなじ。対等たいとう関係かんけいです。

     ぷかぷかさんは、一人ひとりでレジをち、おきゃくさんにおつりをわたすといった作業さぎょう苦手にがてです。でも、おきゃくさんがうパンの代金だいきん素早すばや暗算あんざんしたり、パンをきずつけることなくふくろめをしたり、メニューにつけるかわいいいたり、得意とくいなこと、できることもたくさんあります。ぷかぷかでは、できることをスタッフがいだし、みんなでたのしみながらあたらしいものをつくしています。

     高崎たかさきさんは「事件じけん被告ひこくがぷかぷかさんたちと出会であい、かれらとわらえるたのしい関係かんけいつくれていたら、あんな事件じけんきなかったかもしれない」とはなします。

     ぷかぷかでは、地域ちいきひととパン教室きょうしつ演劇えんげきワークショップをひらいています。どれも、みんながたのしいからやっているものです。高崎たかさきさんは「まずはかれらとおいする機会きかいつくり、わらなか障害しょうがいのあるひと一緒いっしょきていったほうたのしい! 一緒いっしょきていったほう人生じんせいとく!とおもえる関係かんけいつくっていけたらいい」とはなしています。

     わたしも1にちというみじか時間じかんでしたが、ぷかぷかさんと一緒いっしょはたらき(10とおか一部地域いちぶちいき11にち>に掲載けいさい)、みんなと一緒いっしょわらい、ぷかぷかでしかかんじることができない心地ここちよい時間じかんごしました。

     高崎たかさきさんはいます。「『おもしろそう』とおもったひとはぜひ、ぷかぷかにあそびにてください」。おいしいパンと、ぷかぷかさんがっています。


     ◆ことば

    相模さがみ原障害者施設殺傷事件はらしょうがいしゃしせつさっしょうじけん

     2016ねんがつ26にち未明みめい神奈川県相模原市かながわけんさがみはらし障害者施設しょうがいしゃしせつ津久井つくいやまゆりえん」で発生はっせいした事件じけんです。入所にゅうしょしゃ次々つぎつぎ刃物はものされ、19にん死亡しぼうし、職員しょくいんふくむ27にん重軽傷じゅうけいしょういました。殺人罪さつじんざい逮捕たいほ起訴きそされたのは、過去かこにやまゆりえんはたらいていた20だいおとこでした。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

    3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

    4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

    5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです