メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 国の調査「勤労統計」に誤り

[PR]

 厚生労働省こうせいろうどうしょうおこなう「毎月まいつき勤労きんろう統計とうけい」という調査ちょうさが、あやまった方法ほうほう実施じっしされていたことがかりました。従業員じゅうぎょういん500にん以上いじょう事業所じぎょうしょすべ調査ちょうさしますが、東京都内とうきょうとないやく1400事業じぎょうしょのうち500ほどしか調しらべていませんでした。あやまった調査ちょうさは2004ねんからつづいていました。

     毎月まいつき勤労きんろう統計とうけいは、はたらいているひと賃金ちんぎん労働時間ろうどうじかん変化へんか調しらべたデータです。くに基幹きかん統計とうけいひとつで、くに経済けいざい規模きぼしめ国内こくない総生産そうせいさん(GDP)の算出さんしゅつなどにも使つかわれています。

     しつぎょうしたひときゅうするおかね雇用保険こようほけん失業しつぎょうきゅうきん)などをめるときにももちいられ、政府せいふすくなくはらったひとへの対応たいおうすうおくえんかそれじょうのおかね必要ひつようになりそうです。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

    5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです