メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

石破茂氏/上 「一九四六年憲法--その拘束」 憲法観の原点、読むほどに驚き

議員会館の会議室にある本棚の前に立つ自民党の石破茂元幹事長=東京都千代田区で2018年12月4日、内藤絵美撮影

ロングバージョン

 私は、父が建設事務次官だった48歳の時の息子で、あまり「父と子」という感じではなかった。たまに「この本を読め」「これは面白いぞ」と薦めてくれた。中学生の時には、吉村昭の「零式戦闘機」「戦艦武蔵」や、イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」を渡されたりしていた。「読んで自分で考えろ」ってことだったのだろう。それが「親子の会話」のようなものだったのかもしれない。

 私が銀行員をしていた頃、亡くなる前の父に「何を読んだら良いですか」とたずねたことがある。「(夏目)…

この記事は有料記事です。

残り2011文字(全文2250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです