メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(16)「止め俺」音楽担当、曽我部恵一さんインタビュー

「反体制や遊びの精神に強い関心がある。『止められるか、俺たちを』の舞台になった時代は、自分が生まれた時期でもある。一つの原風景のような意味合いもあって追いかけていた」と語る曽我部恵一さん=鈴木隆撮影

 若松プロの新作「止められるか、俺たちを(止め俺)」(白石和彌監督)は2018年の映画各賞にノミネートされるなど話題を呼び、現在も全国で上映中だ。「若松孝二とその時代」第16回は、若松監督の旧作を探し求めて奔走するほどの大ファンで、「止め俺」の音楽を担当したシンガー・ソングライターの曽我部恵一さんのインタビューをお届けする。曽我部さんは1960、70年代のアンダーグラウンドの世界への造詣が深く、反権力といった若者文化への憧憬(しょうけい)を含め若松映画の魅力に引き寄せられていったという。映画と音楽の垣根を越えて、若松作品の自由な発想や表現がもの作りにとって不可欠と感じたからだ。映画の作り手でも専門家でもなかった若松孝二が時に冷笑されながらも半世紀近くにわたって映画界を生き抜き、大きな軌跡を残した根底には、映画に対する自由闊達(かったつ)さがあった。曽我部さんの言葉の端々からも自由への希求が強く感じられた。【鈴木隆】

 ――若松孝二監督とは随分前からのおつきあいだったそうですが。

 僕が20代半ばのころ、98年に若松さんとお会いして、(イベントの)対談をさせてもらってからです。といっても、僕が若松さんの映画のファンだっただけなんですが。若松さんの映画がレンタルでもなかなか見られなかった時期に上映している所を探しまくって名画座で見たり、廃盤のビデオを探して東京中のレンタルビデオ店を追いかけたりしていました。それでコラボレートしようという話になって、98年の2月11日に九段会館…

この記事は有料記事です。

残り4552文字(全文5196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです