メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

[イタリア現地の味を、まんま再現]こだわり満載、千駄木のイタリアン!

情報提供:まとメシ

千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ(最寄駅:千駄木駅)

一皿ひと皿に込められたシェフの情熱が伝わる イタリア・ヴェネト州などで修業したシェフが心がけるのは“現地そのままの味”。珍しいパスタも登場するが、わかりやすく説明してくれるので安心だ。夜はアラカルトも注文できるが、前菜とパスタで2400円~のプリフィクスコースがお値打ち。パスタは6種類ほど用意され、例えばビーゴリは少し太めのロングパスタ。表面がザラッとしてアンチョビを利かせたソースと絡みがよく、赤玉ネギの酢漬け、砕いたイカ墨のパンがアクセント。この他、ドルチェ、パンまですべて手作りで隙のない美味しさ。ぜひ訪れたい名店である。

Cenaコース 2400円~

料理の内容は不定期で変わるので、写真はすべて一例。パスタは「ビーゴリ ヴェネツィア風のアンチョビと玉ねぎのソース“インサルサ”」。前菜は「こんがり焼いたトリッパ 春野菜とモデナのバルサミコ12年」。前菜、パスタともに6種類のメニューから選べる。天然酵母を使い、長時間発酵で焼き上げた自家製パンも美味

Pranzo(日・祝) 1800円

本日の小さな前菜、前菜、パスタ、自家製パンが付く。盛り付けにもシェフの個性が光る

Cenaのドルチェ 1000円

「チョコレートのプリン、ザバイオーネのジェラート、濃厚なシチリア産ブラッドオレンジのソース」

お店からの一言

オーナーシェフ 増田英明さん

「日本独自の食材は使わず、イタリアの味を大切にしています」

イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカの店舗情報

[住所]東京都文京区千駄木2-39-2 パステル千駄木1階  [TEL]03-4291-9505  [営業時間]11時半~14時、18時~22時LO、木18時~22時LO、日・祝11時半~14時、18時~21時LO ※ランチタイム有  [休日]水、木の昼  [席]計9席(最大11名まで可)/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜はドリンクの注文がない場合、席料500円別  [交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩1分 ※『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』のメニューの価格はすべて税抜きです。2018年4月14日~20日は臨時休業

電話番号 03-4291-9505
2018年5月号発売時点の情報です。

関連記事

変り種グルメとは呼ばせない!「サメのカレー」は美味いんです!
もっちり、濃厚、クリーミー♪千駄木の旨すぎる「カレーうどん」
カレー愛好家たちの間で話題!後引く旨さの「ダブルカレー」!
衣が旨い!肉が旨い!創業47年の名物カツ-千駄木『とんかつ みづま』
名古屋エリア限定グルメ情報(51) ほとんどの名古屋めしがそろう『名古屋大酒場 だるま』は、いわば名古屋めしのデパートだ!


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです