メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo もう一度会いたい

娘の恵子さんの無事を願い、今も毎食欠かさず用意される陰膳を前に食事する有本嘉代子さん(左)と明弘さん。2人とも薬が手放せなくなった。嘉代子さんは最近、「毎晩のように、せかされるような夢を見て目が覚める」という=神戸市長田区の自宅で2019年1月8日、竹内紀臣撮影

 手を打つ乾いた音が4回響いた。正月飾りがかかった居間の神棚に向かい、有本嘉代子さん(93)=神戸市長田区=はつぶやいた。「恵子が無事でおりますように」。北朝鮮に拉致された娘を思い毎朝晩、手を合わせる妻の背中を夫明弘さん(90)が見つめていた。

 恵子さんは1983年、英国留学から帰国直前に拉致された。23歳だった。2002年の日朝首脳会談で、北朝鮮は一方的に「死亡」を宣告したが、両親は生存を信じ、救出活動に駆け回ってきた。

 帰国を待つ間、親も年を重ねてきた。嘉代子さんは16年春に心臓を手術してから体調がすぐれず活動を控え…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです