メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

Mr.Children 到達点はたくましく

 

 何よりも「選曲」と「演出」について触れたいと思う。「聴かせ方」と「見せ方」。それを可能にした「演奏力」と「表現力」についてである。

 3年4カ月ぶりの新作アルバム「重力と呼吸」は、初のセルフプロデュース。鈴木英哉(Dr)、中川敬輔(B)が繰り出すリズムの低い重心と揺れ、田原健一(G)のシャープなカッティング。桜井和寿の歌と一体になった演奏の息遣いはライブバンドとしての到達点を感じさせる力作だった。

 ただ、アルバムを携えたアリーナツアーはその再現にとどまっていなかった。収録10曲のうち演奏されたの…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです