メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インサイト

100通りの人柄、死

ジーンズの跡が残る、男性が孤独死した部屋の玄関。「助けを求めてなのか、玄関付近で遺体が発見されることが多い」とクリーンメイトの酒巻孝啓さんは話した=京都市上京区で、山崎一輝撮影

 <IN-SIGHT>

 高齢化や貧困を背景に「孤独死」の増加が社会問題になって久しい。60代の男性が孤独死した京都市内のマンション。年間約100件の特殊清掃を請け負うクリーンメイト(大阪市生野区)の酒巻孝啓さん(24)は「亡くなられた方の人柄がよくわかります。そんな時、そっと手を合わせたくなります」…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです