メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの90年代

プリントシール×業界大手・企画担当 稲垣涼子さん 女の子の「楽しい」詰め込み

プリントシール機の業界最大手「フリュー」の稲垣涼子さん=京都市下京区で、川平愛撮影

交換、加工 若者の交友一変

 1990年代半ばに誕生したプリントシール(プリ)。友達と撮影した写真がその場でシールとなってプリントされ、切ったり、貼ったりして交換することもできるプリ機は若者たちを夢中にさせた。あれから20年以上が経過した今も、若い女性のニーズに応えながら、進化を遂げている。長年、プリ機の商品企画に携わってきた業界最大手「フリュー」の稲垣涼子さん(38)に話を聞いた。【須藤唯哉】

 プリントシール機がゲームセンターに姿を現したのは1995年。ゲームメーカーのアトラスとセガ・エンタ…

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです