メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの90年代

プリントシール×業界大手・企画担当 稲垣涼子さん 女の子の「楽しい」詰め込み

プリントシール機の業界最大手「フリュー」の稲垣涼子さん=京都市下京区で、川平愛撮影

交換、加工 若者の交友一変

 1990年代半ばに誕生したプリントシール(プリ)。友達と撮影した写真がその場でシールとなってプリントされ、切ったり、貼ったりして交換することもできるプリ機は若者たちを夢中にさせた。あれから20年以上が経過した今も、若い女性のニーズに応えながら、進化を遂げている。長年、プリ機の商品企画に携わってきた業界最大手「フリュー」の稲垣涼子さん(38)に話を聞いた。【須藤唯哉】

 プリントシール機がゲームセンターに姿を現したのは1995年。ゲームメーカーのアトラスとセガ・エンタ…

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2197文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです