メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの90年代

プリントシール×業界大手・企画担当 稲垣涼子さん 女の子の「楽しい」詰め込み

プリントシール機の業界最大手「フリュー」の稲垣涼子さん=京都市下京区で、川平愛撮影

交換、加工 若者の交友一変

 1990年代半ばに誕生したプリントシール(プリ)。友達と撮影した写真がその場でシールとなってプリントされ、切ったり、貼ったりして交換することもできるプリ機は若者たちを夢中にさせた。あれから20年以上が経過した今も、若い女性のニーズに応えながら、進化を遂げている。長年、プリ機の商品企画に携わってきた業界最大手「フリュー」の稲垣涼子さん(38)に話を聞いた。【須藤唯哉】

 プリントシール機がゲームセンターに姿を現したのは1995年。ゲームメーカーのアトラスとセガ・エンタープライゼス(当時)が共同開発した「プリント倶楽部(くらぶ)」が「プリクラ」の愛称で広まり、女子中高生らを中心に大流行した。

この記事は有料記事です。

残り1887文字(全文2197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです