メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

埼玉の30年/11止 越谷レイクタウン 水害に負けぬ未来都市 技術屋市長「百年の計」に奔走 /埼玉

 青々とした人造湖に、ヨットや水上バスが行き交う。中央の島には高層ビルやホテルが林立し、湖畔にニュータウンが広がる--。未来都市をイメージした「レイクタウン」の立体模型が越谷市民に披露されたのは、1989(平成元)年12月だった。

 同市のJR武蔵野線沿いにあった見田方遺跡公園の仮設テント。「21世紀、この地は生まれ変わります」。島村慎市郎市長(当時)は国や県の関係者らを前に胸を張った。

 ポプラ並木と隣接する火葬場の煙突以外、辺りは見渡す限り水田が広がっていた。「島村さんしか考えつかな…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1671文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです