メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支援コンサート

がん相談施設「マギーズ東京」 活動継続へ、寄付金協力を 台東、3月11日 /東京

 がん患者や家族が無料で気軽に相談できる施設「マギーズ東京」(江東区豊洲、秋山正子センター長)を支援するチャリティーコンサートが、3月11日午後6時45分、東京文化会館大ホール(台東区上野公園)で開かれる。マギーズ東京は全国からの寄付を元に設立され、運営もボランティアと寄付金でまかなっている。「活動を続けるため、支援をお願いしたい」と呼びかけている。【永山悦子】

 マギーズセンターは英国生まれのがん相談支援施設。「治療中であっても一人の人間としてくつろげる場所、看護師や心理士が友人のように話を聞き、一緒に考えてくれる場所」として開設された。現在、英国内に約20カ所、アジア、欧州にも広がる。2016年10月、日本初の「マギーズ東京」が生まれた。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 新たに34人の感染確認、1万7580人に 死者911人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです