メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書店

「文喫 六本木」オープン 一日中じっくりと 入場料払い堪能 /東京

 「店内で長時間過ごすことを前提に、入場料を支払う」という新しいスタイルの書店「文喫 六本木」が港区にオープンし、話題を集めている。料金は1日1620円で、店内では飲食も可能だ。

 企画した出版取次大手の日本出版販売(日販)は「書店で本を買うことが非日常になりつつある現在。本とじっくり向き合う時間と場所を提供し、特別なイベントとして楽しんでもらうのが、新しい書店のあるべき姿ではないか」と話す。

 昨年6月に閉店した有名書店「青山ブックセンター六本木店」のスペースを改装した店内には、広々とした喫茶室や閲覧席、会議にも使える研究室があり、購入前の本を自由に試し読みできる。喫茶室のコーヒーと緑茶は飲み放題で、有料のフードメニューも充実しており、一日中本に囲まれて過ごすことができる。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです