メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第68期王将戦 第1局 掛川決戦、あす開幕 V3へ、久保利明王将 挑戦者、渡辺明棋王 /静岡

 将棋界の新春を飾る第68期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催、囲碁・将棋チャンネル協賛)の第1局が13、14日に掛川市の掛川城二の丸茶室で開催される。3連覇を目指す久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑む。「掛川対局」は59期から10期連続開催の節目を迎えることになる。

 一つのタイトル戦を地方都市で10期開催するのは珍しい。掛川市、掛川信用金庫、地元経済団体「ゼロの会…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1908文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです