特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

将棋

第68期王将戦 第1局 あす開幕 掛川信用金庫・伊藤理事長、「ゼロの会」松本会長、日本将棋連盟・中山氏の話 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

王将戦と報徳 掛川信用金庫・伊藤勝英理事長

 大盤解説会場の大日本報徳社は二宮尊徳の高弟で、当金庫創立者の岡田良一郎が父親とともに設立したものです。報徳の教えに道徳と経済の両立があります。これを私なりに解釈しますと、現在の社会においては道徳は社会貢献するやさしさ、経済は利益を上げる厳しさ、の両立と思います。

 将棋の世界で考えますと、礼に始まり礼に終わる美しさ、勝負に勝たねばならない厳しさに通じるものと思います。掛川での王将戦も連続10回となりました。報徳の街である掛川で今後も王将戦が続くことを祈念します。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文787文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集