メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平セイ地巡礼

湖国のサブカル模様/5止 アイドル 地元離れず夢追いかけ /滋賀

集まったファンを前にパフォーマンスする「フルーレット」のメンバー=滋賀県草津市西渋川1で、成松秋穂撮影

 「さまざまな文化に触れ、いろいろなものを受け入れる柔軟性がDNAとして県民の中にあるが、今まで県には音楽だけでなくいろいろな可能性を発揮できる場所が少なくて人が出て行ってしまうことが多かった」

 音楽フェス「イナズマロックフェス」を企画する県出身アーティストの西川貴教さんは、2008年元日の県広報誌で対談した嘉田由紀子知事(当時)にこう語った。県は同10月に「滋賀ふるさと観光大使」を創設し、西川氏を任命。草津市の烏丸半島で翌09年に始まった「イナズマ」は昨年、10年目を迎え、派生イベントも含めて地域に定着している。

 フェスには「AKB48」「ももいろクローバーZ(ももクロ)」「欅(けやき)坂46」など人気アイドル…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1198文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです