メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

編集長からの手紙

高熱、大電流 精密な作業 兵庫県立姫路工業高校溶接科

生徒の横に先生が立って細かな作業を教える=兵庫県立姫路工業高校で、三角真理撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 金属を熱や圧力によってつなげる「溶接」。自動車、造船、機械などあらゆる製造にかかわる重要な技術です。これを専門に学ぶ兵庫県立姫路工業高校(姫路市)溶接科。高熱、大電流の下で、ミリ単位の仕事をこなします。ものづくりを支える人材がここから巣立つのだと思えました。【編集長・三角真理】

 取材前、職員室で、生友誉敏(いくともたかとし)先生(60)から注意がありました。「溶けたものが飛ん…

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです