メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

時越えた作文、今こそ 児童らの震災体験、公開 式典朗読も 宝塚市 /兵庫

兵庫県宝塚市の小中学生が震災体験をつづった作文。手前は作文をまとめた冊子=同市役所で、土居和弘撮影

 阪神大震災から24年となるのを前に、宝塚市は、震災体験をつづった小中学生の作文115編を市のホームページ(HP)に掲載した。被災直後の生活の苦労や不便さ、その中で感じた家族の絆、まちの再生への願い--などが記されている。市は約14年間保管してきたが、「大災害が多発しており、『あの日』を振り返ることで防災・減災を考えるきっかけにしてほしい」と公開することにした。17日に市が主催する追悼式典で朗読もする。【土居和弘】

 「(震災から)何日かすぎ、学校に行けることになった。学校に行くとクラスの友達が、5、6人しかいなく…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1100文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです