メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「サンゴーヨン★サッカー」

外国人共生、考える 芦屋で製作者迎え上映会 /兵庫

上映後に子供たちの質問に答える宮地克徳さん(右端)=兵庫県芦屋市浜風町の市立浜風小で、近藤諭撮影

 ブラジル人と日本人との共生を描いた映画「サンゴーヨン★サッカー」(藤橋誠監督、64分)の上映会が10日夜、芦屋市浜風町の市立浜風小学校であった。芦屋浜地区に暮らす外国人と市民との交流活動を続けている「こくさいひろば芦屋」(三宅真理子代表)が企画し、日本語を母語としない子供や住民ら約50人が鑑賞した。

 映画の舞台となった群馬県大泉町は、昨年末の人口4万1785人のうち外国人が7623人と18・24%…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです