連載

山陰・この人

山陰地方で活動する人たちを紹介します。

連載一覧

山陰・この人

松江のイラストレーター 伊藤巴さん(35) 絵と言葉で地域を宣伝 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラストレーターの伊藤巴さん=松江市で、根岸愛実撮影
イラストレーターの伊藤巴さん=松江市で、根岸愛実撮影

伊藤巴(いとうともえ)さん

 表情豊かな「ぶちねこ」のキャラクターを始め、民間から行政まで手広くイラストを手がける。ライターとしても活動し、10年以上続けるブログでは漫画や記事を発信し、多くの読者を集める。絵や言葉で「良いモノを宣伝する仕事」を目指す。

 家族の影響で保育園の頃から漫画「北斗の拳」や「うる星やつら」が身近にあった。漫画家になりたいと強く思い、小学5年の時には少女漫画雑誌に投稿した。松江のビジネス専門学校を卒業し、大阪でゲームの制作に携わった後、県内のデザイン業や販売業で正社員を経験。2011年にフリーのイラストレーターになった。

 代表キャラクターの「ぶちねこ」は、中学の時、自分の代弁者として生み出した。「要領が良くあまり好きではない飼い猫」がモデルだったが、「あの子のようになりたくて、自分のキャラクターにしたのかも」と振り返る。漫画の中では進行役やツッコミ役に回ることが多く、シンプルでかわいらしい姿は見た人の記憶に残る。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文884文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集