メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

県災害検証委 重要水防箇所、見直し 陸閘15カ所、適切に閉鎖せず /岡山

 西日本豪雨における県の初動対応や防災対策について調べる県災害検証委員会の第4回会合が11日、岡山市北区であった。今回の豪雨で県が指定する「重要水防箇所」以外で堤防の決壊が相次いだことを踏まえ、県は来年度以降、重要水防箇所の指定を見直す方針を明らかにした。

 豪雨で県管理河川は16カ所が決壊したが、このうち防災上の注意が必要だとして、災害時に水防団が重点的に巡視する重要水防箇所は3カ所にとどまった。このため、県…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです