書き初め大会

今治・吹揚小で 友近さんら指導 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
友近吾邑さん、酒井夕静さん(手前左から)を囲み、元気よく作品を掲げる3年生=愛媛県今治市黄金3の市立吹揚小で、松倉展人撮影
友近吾邑さん、酒井夕静さん(手前左から)を囲み、元気よく作品を掲げる3年生=愛媛県今治市黄金3の市立吹揚小で、松倉展人撮影

 「お手本をよく見て」「心を込める」。今治市立吹揚(ふきあげ)小(黄金町3)で11日、恒例の書き初め大会があり、毛筆を習い始めた3年生64人が「友だち」と元気よく大書した。

 毎日書道展審査会員の友近吾邑(ごゆう)さん(70)、会員の酒井夕静(せきせい)さん(65)が「手本を2センチ横に置き、よく見て…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

あわせて読みたい

ニュース特集