メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大村・竹松遺跡

大型建物跡3棟を発見 11~14世紀 長崎、佐賀県で最大 /長崎

 大村市教委は11日、同市宮小路3の竹松遺跡で、11~14世紀(平安時代末~鎌倉時代)のものとみられる大型建物跡3棟を発見したと発表した。うち2棟は東西南北にひさしが付き、床面積は100平方メートル超と考えられ、同時代の同様の建物としては長崎、佐賀両県で最大という。一帯を統治した豪族の居館の可能性があり、市教委は「有力者による長期の地方統治の様子がうかがえる貴重な資料」としている。

 市教委によると、市道整備工事に伴う約2400平方メートルの発掘調査で、柱の跡と見られる直径70セン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです