メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

勤労統計 厚労省、疑念抱かず ずさん調査、慢性化

毎月勤労統計の不適切調査について記者会見に臨む根本匠厚労相=東京都千代田区で11日午後0時2分、宮間俊樹撮影

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の一部調査で不適切な手法が取られていた問題は、雇用保険や労災保険といった国民に身近なセーフティーネットに影響を及ぼし、過少給付対象者が延べ2000万人に達する事態になった。政府への信頼も大きく損ない、28日に召集される予定の通常国会での予算案審議にも影響しそうだ。

 「今般の事案の原因を明らかにするとともに、厚生労働省として統計に関する姿勢を正していく」。11日の閣議後記者会見で「統計の信頼性が損なわれている」と指摘された根本匠厚労相は厳しい表情でこう答えたが、不適切な調査を始めた動機や経緯は解明されていない。

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです