メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

勤労統計 厚労省、疑念抱かず ずさん調査、慢性化

毎月勤労統計の不適切調査について記者会見に臨む根本匠厚労相=東京都千代田区で11日午後0時2分、宮間俊樹撮影

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の一部調査で不適切な手法が取られていた問題は、雇用保険や労災保険といった国民に身近なセーフティーネットに影響を及ぼし、過少給付対象者が延べ2000万人に達する事態になった。政府への信頼も大きく損ない、28日に召集される予定の通常国会での予算案審議にも影響しそうだ。

 「今般の事案の原因を明らかにするとともに、厚生労働省として統計に関する姿勢を正していく」。11日の閣議後記者会見で「統計の信頼性が損なわれている」と指摘された根本匠厚労相は厳しい表情でこう答えたが、不適切な調査を始めた動機や経緯は解明されていない。

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです