メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/6止 「最後の機会」生かせ 法政大法学部教授・下斗米伸夫氏

下斗米伸夫氏=丸山博撮影

 「米国第一主義」により米欧を中心とした秩序が揺らぐ中、日本はアジア・ユーラシア地域とどう関係を築くかが問われている。とりわけエネルギー資源が豊富な大国ロシアとの付き合い方は重要だ。平和条約締結などを通じ、関係強化を図るべきだ。

 安倍晋三首相は昨年5月にロシア・サンクトペテルブルクで講演し、ロシアの液化天然ガス(LNG)を北極海から日本海経由で、アジアに運ぶ構想を披露した。実現すれば、日本海沿岸は発展する。日露と韓国、北朝鮮で総人口が約3億人に達する「環日本海」の経済圏が誕生し、日本の経済成長、エネルギー安全保障に大きく寄与するだろう。

 プーチン露大統領もこの航路に注目している。また航路の安定には、北方領土問題の解決による日露の関係発…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです