メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/6止 「最後の機会」生かせ 法政大法学部教授・下斗米伸夫氏

下斗米伸夫氏=丸山博撮影

 「米国第一主義」により米欧を中心とした秩序が揺らぐ中、日本はアジア・ユーラシア地域とどう関係を築くかが問われている。とりわけエネルギー資源が豊富な大国ロシアとの付き合い方は重要だ。平和条約締結などを通じ、関係強化を図るべきだ。

 安倍晋三首相は昨年5月にロシア・サンクトペテルブルクで講演し、ロシアの液化天然ガス(LNG)を北極海から日本海経由で、アジアに運ぶ構想を披露した。実現すれば、日本海沿岸は発展する。日露と韓国、北朝鮮で総人口が約3億人に達する「環日本海」の経済圏が誕生し、日本の経済成長、エネルギー安全保障に大きく寄与するだろう。

 プーチン露大統領もこの航路に注目している。また航路の安定には、北方領土問題の解決による日露の関係発…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです