メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「平成」一定期間対応 改元後、官庁の情報システム

 政府は11日、新天皇即位1カ月前の4月1日に新元号が決定・公表されることを受け、5月1日の改元とともに官庁の情報システムが一斉に新元号に切り替わるよう改元日までにシステム改修を終える方針を決めた。ただ、切り替え後に各種証明書や外部からの電子申請などで「平成」を使用しても対応できるよう措置を講じる。

 東京・永田町の合同庁舎で開いた「新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議」の…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです