メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「平成」一定期間対応 改元後、官庁の情報システム

 政府は11日、新天皇即位1カ月前の4月1日に新元号が決定・公表されることを受け、5月1日の改元とともに官庁の情報システムが一斉に新元号に切り替わるよう改元日までにシステム改修を終える方針を決めた。ただ、切り替え後に各種証明書や外部からの電子申請などで「平成」を使用しても対応できるよう措置を講じる。

 東京・永田町の合同庁舎で開いた「新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議」の…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです