メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

正念場を迎えた日本農業=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 「隠れたるより見(あらわ)るるはなし」という言葉がある。文書の改ざんやデータの捏造(ねつぞう)など、ものごとを隠匿しようとすればするほど真実が現れてしまうものだ。アベノミクスの「攻めの農林水産業」も、誰にとっての「攻め」なのか、いずれ真の意図が現れることになろう。日本農業の弱体化に歯止めがかからない中、今年は自由化に向けた動きが加速するためだ。

 昨年末に11カ国の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が発効し、今年2月1日には欧州連合(EU)…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです