メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

LGBT「知っている」68% 同性婚合法化「賛成」8割 電通調査

 広告大手・電通は11日、同性愛者やトランスジェンダーら性的少数者(LGBTなど)に関する調査結果を発表した。LGBTという言葉を知っている人の割合は約7割に達し、前回(2015年)からほぼ倍増した。同性婚についても約8割が「賛成」と答えた。【藤沢美由紀】

 性的少数者に当てはまる人は8・9%で、11人に1人の割合だった。前回の7・6%(13人に1人)よりわずかだが増加。同社は「LGBTに関する情報が増えたことで、当事者が気付くケースが増えたのではないか」とみている。

 18年10月、インターネットで全国の20~59歳の6万人を対象に調査し、うち6229人を抽出して本調査を実施した。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです