メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

富士山書き初め2019 応募1万3264点、受賞者決まる

 子どもたちに富士山をもっと身近に感じてもらうための富士山をテーマにした書き初めのコンクール「富士山書き初め2019」の受賞者が決定しました。

     小学生低学年、小学生高学年、中学生、高校生の部でそれぞれ作品を募集し、合わせて1万3264点の応募があり、審査員(委員長=仲川恭司・毎日書道会理事、独立書人団理事長)が最優秀賞をはじめ各賞を審査しました。1月20日に東京都千代田区一ツ橋1の毎日ホール(パレスサイドビル地下1階)で表彰式を開き、16~23日に同ビル1階で受賞作を展示します。受賞者は次の通り(敬称略)。

     【小学生低学年】<最優秀賞>和歌山県有田市立保田小2年・落合莉望<静岡県知事賞>青森市立浪打小3年・奈良ひより<山梨県知事賞>山梨県甲州市立塩山南小2年・田辺美藍<毎日新聞社特別賞>高松市立太田小3年・土井千紘<富士山世界遺産国民会議賞>山口県宇部市立恩田小2年・大林奈央、山口県柳井市立柳井小3年・樽本美海

     【小学生高学年】<最優秀賞>千葉県佐倉市立志津小4年・桑原栞乃<静岡県知事賞>鳴門教育大付属小6年・山根由衣<山梨県知事賞>山梨県富士河口湖町立小立小5年・湊さら<毎日新聞社特別賞>福島県湯川村立笈川小5年・谷ケ城奏<富士山世界遺産国民会議賞>青森県藤崎町立常盤小5年・横山龍桜、青森市立浪岡北小5年・佐藤仁理

     【中学生】<最優秀賞>私立金城学院中3年・小池未歩<静岡県知事賞>浜松市立浜北北部中2年・河合歩星<山梨県知事賞>弘前大教育学部付属中2年・須藤大翔<毎日新聞社特別賞>山梨県南アルプス市立八田中3年・保坂凪咲<富士山世界遺産国民会議賞>高知県須崎市立朝ケ丘中1年・松本絵、山口県下関市立川中中3年・市原怜華

     【高校生】<最優秀賞>兵庫県立芦屋高3年・藤川彩花<静岡県知事賞>埼玉県立松山高3年・栗原柚<山梨県知事賞>私立中越高2年・川上乃愛<毎日新聞社特別賞>芦屋高3年・谷村紗菜<富士山世界遺産国民会議賞>埼玉県立川口高1年・今井彩名、静岡県立浜松北高1年・内田菜月

     主催 毎日新聞社、認定NPO法人富士山世界遺産国民会議/後援 静岡県、山梨県/協賛 東京会館/協力 公益財団法人独立書人団

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
    3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
    4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
    5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです