メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

林さんの「さけのねぎチーズ焼き」。レンジ加熱可能な容器にスライスして軽くゆでたジャガイモ2個分、そぎ切りにして塩こしょうした生サケ4切れ、適量のチーズ、青ネギを重ねる

 「独居の親に好き嫌いが多い」「おかずを届けても食べてくれない」。中高年の子世代にとって、離れて暮らす老親の食事は気がかりだ。長続きするサポートの秘訣(ひけつ)を経験豊富な料理研究家に聞いた。

 東京都港区の料理研究家、林幸子さん(64)には、兵庫県に住む実母(92)と、長年同居した後、今は介護施設で暮らす義母(88)がいる。実家へは約20年前から月1回程度、作った料理や有名店の総菜を持って顔を見せていた。父の死後、独居の母の食生活が心配で、宅配便を送るようになった。義母には施設の食事に差し障らない量のおやつを作り、訪ねている。

 料理教室の生徒からも「実家に置いてきても料理を食べない」「冷凍保存に向く料理を知りたい」など老親の食事にまつわる悩みを聞く機会が増え、昨年9月「親に作って届けたい、つくりおき」(大和書房)を出版した。レシピだけでなく、親子とも無理なく作り、食べられるように、▽1回で食べ切る量に小分け▽(洗って返す負担のない)使い捨て容器を活用▽「ごはんのおともに」など食べる気になる一言を添える--といった工夫も…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです