メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

岩城けいさんが新作『Matt』 移民の葛藤「自分は何者?」

 オーストラリア在住の作家、岩城けいさんが新作『Matt(マット)』(集英社)を刊行した。日本からの移民としてオーストラリアで生きる高校生が、同級生と衝突し、もがく物語。ひりひりするような若者の感情が伝わる。岩城さんは「『自分は何者か』というアイデンティティーの形成を書きたかった」と話す。

 主人公の少年期を描いた前作『Masato』の続編。親の仕事の都合でオーストラリアに渡った真人は高校生になり、ニックネームのマットを名乗り生きるようになる。だが、同じ名前のマットという同級生とトラブルになる。同級生は「俺の祖父は日本人に人生を台無しにされた」「お前は何も知らないんだな」と主人公を責め、差別用語を使って食ってかかる。第二次世界大戦での日本軍の攻撃のことだ。

 対極とも言える相手に反発しつつ、主人公は歴史やルーツの問題を突きつけられ、向き合っていく。<「おれ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです