メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者家族会元代表・めぐみさんの父
工芸の地平から

彫刻家自ら鋳造と格闘=外舘和子

中村義孝「力士」=作家提供

 昨年、ローマのクロチェッティ美術館と筑波大で「日伊ブロンズ彫刻家交流展」が開催された。会場には自ら鋳造に携わる作家ならではの、繊細な鋳肌を持つ作品や、鋳造時に金属が木を燃やしながら最終的に木と一体の造形を築く作品など多様な作品が並んだ。

 「彫刻」という概念が現れた明治期、人間をモチーフに塑像や木彫を原型とするブロンズ像が盛んに作られたが、当時の日本の彫刻家の役割はあくまでも原型制作であり、鋳造は職人に任せることが普通であった。僅かに鋳造技術を学ぶ彫刻家もいたが、ブロンズ化は概(おおむ)ね原型の形に耐久性を持たせるための手段であり、金属の素材感や鋳造までの工程を表現に生かす“創造行為としての鋳造”という発想は殆(ほとん)ど見られなかった。日本の多くの彫刻家にとってブロンズは実材ではなく二次的な素材という位置づけであった。

 しかし1950年代以降、マンズーらイタリアの具象彫刻が日本に紹介されると、その美しい鋳肌や現代的な造形性に魅せられ、日本の彫刻家や鋳造家が続々とイタリアに渡り、同地の蝋(ろう)型鋳造法を学ぶようになる。イタリアでは鋳造所内に彫刻家が作業する場所があり、彫刻家は鋳造職人とやりとりしつつ鋳造に携わる。原型制作と鋳造を完全な分業にはせず、作家が自身の制作の範疇(はんちゅう)として鋳造にも関わる在り方を…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 東京都で新たに20人の感染確認 5日連続10人超

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 宝塚・ボーガン4人殺傷 「おいに撃たれた」 首に矢刺さった女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです