メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

招致疑惑 仏当局、竹田JOC会長を捜査 日産・ゴーン事件と関連づける見方も

 JOCの竹田恒和会長を容疑者とするフランス司法当局の捜査に対し、日本政府や東京五輪を担当する関係者は戸惑いを隠さない。日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の事件と関連づけた見方すら出ている。

 東京五輪に携わる政府関係者は「竹田さんの捜査は2年も前からやっていたわけで、この期に及んでというのは(ゴーン事件の)意趣返しではないか」と推測した。

 同様に五輪準備を進める東京都幹部の一人は仏当局の捜査について「東京大会に与えるイメージは最悪。なぜ、このタイミングなのか」とため息をついた。その上でゴーン事件を持ち出し「日本に対する仕返しかもしれない」といぶかしんだ。ゴーン前会長の逮捕や勾留を巡っては、仏政府関係者が不快感を表明したり、メディアが捜査を批判的に取り上げたりする動きが出ている。だが、法務省関係者は「数年前から竹田会長を調べていたと…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです