メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 足で調査、就学支え 家でゲームの子、笑顔戻る

「いっぽ教室」で、クラスメートとトランプの「神経衰弱」で遊ぶセイロさん(中央)=三重県松阪市で

 日本に住民登録している1万6000人以上の外国籍の子どもが就学不明になっている問題では、自治体の就学状況調査に温度差があることが明らかになった。積極的な調査で不就学が判明し、学校に通うようになった子どもの事例を追った。【奥山はるな】

 昨年10月、三重県松阪市のアパートで、小学校に通っていないフィリピン国籍の兄妹が見つかった。日本での生活に不安を募らせ、不就学となった。「学校のことは考えないようにしていた」。家にこもり、ゲームで時間をつぶす日々。就学のきっかけとなったのは市の調査だった。

 10月上旬の夕方、兄のチコテ・サンダーさん(12)と妹のセイロさん(8)は、いつものように自室でオ…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです