メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019北九州市長選

あす告示 高齢化、先進都市 介護にロボット活用 モデル築けるか

 任期満了に伴う北九州市長選は13日告示される。市の高齢化率は政令市で最も高い29・8%(2018年1月1日現在)で、急速に進む高齢化と人口減対策が最大の争点だ。4選を目指す現職の北橋健治(65)▽共産党福岡県委員会常任委員で新人の永田浩一(53)=共産推薦▽水産加工会社社長で新人の秋武政道(58)--の3氏が無所属で出馬する予定で、高齢社会の先頭を走る都市から全国のモデルとなる処方箋を示せるかが問われる。投開票は27日。【下原知広、木村敦彦、宮城裕也】

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです