メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清原果耶

雪の中高校サッカー応援ダンス初披露 緊張も安堵の笑顔

「第97回全国高校サッカー選手権大会」の準決勝前のイベントで応援ダンスを披露した清原果耶さん

 女優の清原果耶さんが12日、埼玉スタジアム(さいたま市緑区)で開催された「第97回全国高校サッカー選手権大会」の準決勝前のイベントに登場。大会の14代目応援マネジャーを務める清原さんは、雪がちらつく中、全国大会5年連続出場中の横浜平沼高校ダンス部と共に、大会応援歌の「僕のこと」に乗せて応援ダンスを初披露した。

 応援ダンスは、ピッチの選手とスタンドの高校生、視聴者が一緒に盛り上がりたいというコンセプトで企画され、番組や公式サイトで公開された。観客のいるスタジアムでのダンスは初めてで最後の披露。踊った後で、清原さんはダンス部の部員たちと別れを惜しんだ。

 緊張のせいか昨晩あまり眠れなかったという清原さんは、ダンスを踊り終え、「まずは今日無事に踊れてよかったという安心感が大きいです」と話し、「踊り始めると雪が降ってきて『どうしよう』と焦ったのですが、雪の冷たさを吹き飛ばすような応援をダンスに込めたと思っています」と振り返った。

 また清原さんは「(ダンスの)曲が始まってから数秒ぐらいで、周りの音が聞こえなくなった。ダンスを踊る時間が一瞬で、もっと充実した時間をかみ締めながら踊りたかったのですが、余裕はなかった。でも熱い思いを込めて踊れたので、それはそれでよかった」と安堵(あんど)の笑顔を見せていた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです