メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2018年も、フード&ドリンク界では多種多様のヒットアイテムが生まれました。これらすべてを一概に語ることは容易ではありませんが、全体を見渡してみたときに、傾向として「プチリッチ」というキーワードが浮上します。

 

新ジャンルにして“ビール感”を得られる本麒麟や、1缶で適度に酔える高アルチューハイは、「家飲み」充実化の切り札。高級食パンや夜マックはもとより、チーズドッグも若者のおやつとしては決して安いものではありません。

 

ガチのリッチは求めていないが、コスパを追求するだけでは物足りない。そんなカオスなニーズを捉えた、絶妙な秀作揃いの1年でした。

 

【その①】本麒麟

3月の発売から約半年で累計2億本(※)を突破!

キリン

本麒麟

130円(350㎖)

従来の1.5倍の長期低温熟成を採用した新ジャンル。アルコール度数は6%と高めで、コクと飲み応えを強化しました。一部にドイツ産ホップを使用したことで、リーズナブルな価格ながら上品な苦みと爽快感を実現しています。

※約550万ケースを350mℓ缶換算

 

【ヒットの真相】

「本当はビールが飲みたい」層に刺さった

同社の調査では、新ジャンルユーザーの6割以上が「本当はビールを飲みたい」と回答。このニーズを踏まえて製法や素材にこだわり、ビールらしいコクと飲み応えを実現しました。

 

【こちらもチェック!】

独自のプロモーションがウケた!

サントリー

ザ・プレミアム・モルツ

神泡体感キット

本製品ならではのクリーミーな「神泡」を、家庭で手軽に楽しめる購入特典。6缶セット(手動/写真)と24缶ケース(電動)で展開されました。

 

 

【その②】高アルチューハイ

発売約5か月で累計1億本突破

キリン

キリン・ザ・ストロング

実売価格116円(350㎖)

クリアウォッカを使用し、アルコール度数は9%。「ハードな炭酸感」と「ハードな味わい」も相まって刺激的な飲み応えに。

 

発売約3か月で年間販売目標の200万ケースを達成(※)

サッポロチューハイ

99.99

141円(350㎖)

純度99.99%のウォッカを使用し、透明感のあるクリアな味わいを実現。飲み応えはありながらも飽きない、スムースな飲み口です。クリアレモン(写真下)はキリッと引き締まった酸味が特徴。アルコール度数は9%。

※250㎖×24本換算

 

【ヒットの真相】

“高コスパ”で酔える手軽さがウケた

「働き方改革」推進の社会背景もあり、家飲みにシフトする層が増加。価格も安く手軽に酔える高アルコール飲料がヒットしました。RTDの新製品はアルコール度数9%が主流となりました。

 

 

【その③】サバ缶

販売数は累計で300万個以上に

岩手県産

サヴァ缶

実売価格1700円(3缶セット)

オシャレなパッケージが特徴的な、国産さばのオリーブオイル漬。プレーンな塩味(写真)のほか、レモンバジル味、パプリカチリ味といったバリエーションが好評です。「Ça va(サヴァ)?」はフランス語で「元気ですか?」の意味。

 

【ヒットの真相】

美容・健康志向のユーザーが支持

サバ缶には、美容や健康に効果的といわれるオメガ3脂肪酸のDHAとEPAが豊富に含まれます。多くのメディアでサバ缶を利用したダイエットが紹介され、大きな支持を集めました。

 

 

【その④】チーズドッグ

SNS映えするチーズドッグに平日昼から行列が絶えない

アリラン・ホットドッグ

チェダーレーラ(上)480円

ポテトレーラ(下)480円

とろ〜り伸びるチーズがたっぷり入った韓国風ホットドッグ。ケチャップやマスタードのほか、ココナッツシュガーなどの甘いトッピングも用意する点がユニークです。2017年に韓国から上陸し、新大久保店に1号店をオープンしました。

 

【ヒットの真相】

伸び〜るチーズがSNSで映えまくり

SNS映えフードとして、若い女性を中心に人気を集めました。2018年12月にオープンした表参道店はイートインメニューを用意する初のカフェタイプで、従来とは異なる客層を狙います。

 

 

【その⑤】透明ドリンク

発売から約3週間で出荷累計2000万本突破

コカ・コーラ

コカ・コーラ クリア

140円(500㎖)

強い炭酸の刺激とレモンフレーバーをゼロカロリーで楽しめる、カラメル不使用の透明飲料。様々な原材料とフレーバーを吟味し、調整と試飲を重ねて50種類以上のサンプルを作り、レモン果汁を加えて完成しました。

 

【ヒットの真相】

透明なら周囲の目を気にせず飲める?

あのコカ・コーラが透明になったことは大きな話題となり、認知拡大につながりました。また、透明ならオフィスでも周囲の目を気にせず飲める心理も働き、購買に影響しているようです。

 

【コチラもチェック!】

無糖のストロング炭酸水もヒット!スノーピークとの共同開発としても話題に

サントリー

南アルプススパークリング

108円

従来品に比べて製造充填時のガス圧を大幅にアップし、爽快な刺激と後味の良さを楽しめます。ペットボトルの先端をシャープな形状にすることで、口に流れ込む量を約1.25倍に増加させました。

 

 

【その⑥】バターコーヒー

発売から約1年でシリーズ累計750万本を突破

ファミリーマート

バターコーヒー オリジナル

198円

アラビカ種のみを使用したコーヒーに、ニュージーランド産のグラスフェッドバターと、吸収や分解燃焼の早いMCTオイルを配合。味わい深く、まろやかですっきりした口当たりに仕上げました。

 

【ヒットの真相】

高感度なファミマがブームの裾野を広げた

一部の健康志向ユーザーの間で話題となっていたバターコーヒーを、2017年12月にファミリーマートがいち早く製品化しました。200円以下で手軽に買えることで裾野を拡大させました。

 

テイクアウト専門店も大人気!

最強のバターコーヒー

代々木店

テイクアウト専門のバターコーヒー店。バターをはじめとする素材や製法に徹底してこだわります。管理栄養士がショップに常駐して製造・販売を行うため、食生活の悩みなどを気軽に相談できるのもうれしい。

住所:東京都渋谷区代々木1-38-6

営業時間:8:00〜20:00

休日:年中無休

 

 

【その⑦】高級食パン戦争

大阪で人気の食パン店が東京に進出して話題に

LeBRESSO

レブレッソブレッド

650円

北米産の小麦粉を使用し、卵と防腐剤は使用しないで作られます。炊き立てのご飯のようなもっちりとした食感と、ほんのり甘さを感じる独特のうまみが特徴。トーストにぴったりな、飽きのこない味に仕上がっています。

 

多い日には全国で2万本以上も販売

乃が美

高級「生」食パン

432円(1斤)

多い日には全国で合計2万本以上を売り上げる人気商品。同店オリジナルブレンドの小麦を使用し、卵は不使用です。一度食べたらやみつきになる、しっとりもちもちの食感を実現しています。2018年11月に東京出店。

 

【ヒットの真相】

食パンの名店がしのぎを削る!

2018年7月に大阪で人気のLeBRESSOが東京・武蔵小山に進出。いまや全国で展開する人気店・乃が美などとしのぎを削ります。田園調布の嵜本や、清瀬の考えた人すごいわなども注目。

 

【こちらもチェック!】

乃が美クオリティを自宅で再現!

パナソニック

SD-MDX101

実売価格4万1950円

乃が美は、パナソニックのホームベーカリー専用の「生」食パンレシピ「おうち乃が美」を監修。レシピはパナソニック公式HPなどで公開されており、SD-MDX101などの対応製品を使って作れます。

 

 

【その⑧】夜マック

100円UPでパティが2倍に!サービスを開始した月の売上が前年比で10%アップ

マクドナルド

倍グラン クラブハウス

590円

17時以降に、プラス100円でパティを倍増できるサービス。ジューシーな100%ビーフパティが倍になると、おいしさもボリュームもアップします。手丸めでスチームしたバンズやスマートベーコン、ホワイトチーズとの相性も抜群です。

 

【ヒットの真相】

高カロリーでもユーザーの約4割が女性

18年3月に全国展開すると、投入した店の売上高は前年同月比で10%アップ。レギュラーメニューに定着した。高カロリーの商品ながら、同社調べではユーザーの約4割が女性。

【関連記事】
無印良品の「冷凍食品」のベストを探せ! トップ2は日本の定番定食
なぜ日本酒で「ALL BLACKS」なのか? 「世界遺産が認めた蔵」が気概を込めた至高の1本
今年ヒット間違いなしの「グルメ」はコレだ!! 2019年の“当確”7大フードトレンド
官能の世界へようこそ! 289円で楽しめるカルディ「魅惑のベルギーチョコ」3選
今、台湾の「タピオカミルクティー」に異変が! 話題沸騰中の「食べるタピオカミルクティー」3選

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです