メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スタートアップ座談会

「大企業は3年で十分」「人生を自分でコントロール」 私が起業した理由

座談会で話す(右から)ブルームスキームの中里裕史CEO、MODALAVAの桂茉利子CEO、ventusの小林泰CEO=東京都千代田区で2018年12月26日、小川昌宏撮影

 ここ数年、日本でも若い世代による起業が増えているという。その背景にはどのような変化があるのだろうか。ベンチャー企業の経営者3人に、起業を取り巻く環境の変化や将来への期待について語ってもらった。【司会は東京本社経済部長】

起業コストが下がってよかった

 ――若い世代が起業を目指すようになっていると言われます。皆さんの周りではどうですか?

 ◆小林泰・ventus(ベンタス)最高経営責任者(CEO) 起業に経済合理性があるかどうかがポイン…

この記事は有料記事です。

残り3018文字(全文3235文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです