メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スタートアップ座談会

「大企業は3年で十分」「人生を自分でコントロール」 私が起業した理由

座談会で話す(右から)ブルームスキームの中里裕史CEO、MODALAVAの桂茉利子CEO、ventusの小林泰CEO=東京都千代田区で2018年12月26日、小川昌宏撮影

 ここ数年、日本でも若い世代による起業が増えているという。その背景にはどのような変化があるのだろうか。ベンチャー企業の経営者3人に、起業を取り巻く環境の変化や将来への期待について語ってもらった。【司会は東京本社経済部長】

 ――若い世代が起業を目指すようになっていると言われます。皆さんの周りではどうですか?

 ◆小林泰・ventus(ベンタス)最高経営責任者(CEO) 起業に経済合理性があるかどうかがポイント。今は大企業で働いて得られるものと、自分で起業して得られるものの期待値を比較すると、圧倒的に(大企業は)割に合わない。だから就職せずに起業しようかな、となる。

この記事は有料記事です。

残り2952文字(全文3235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです