メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スタートアップ座談会

「もったいない50代」「自分で基準作れ」 若手起業家が語り尽くす

座談会で話す(右から)ブルームスキームの中里裕史CEO、MODALAVAの桂茉利子CEO、ventusの小林泰CEO=東京都千代田区で2018年12月26日、小川昌宏撮影

 ベンチャー企業の経営者3人の座談会。2回目は人口減と人材育成、上の世代に言いたいことなど思う存分語ってもらった。【司会は東京本社経済部長・斉藤信宏】

移民議論は10年遅れ

 ――日本には人口減少など課題が多くあります。

 ◆中里裕史・BloomScheme(ブルームスキーム)CEO 人口減少の解決策は二つしかない。自然増させるか、外から人を入れる「移民」か。自然増は人口動態的に厳しく、根本的に解決するなら移民しかない。政府は決して移民とは言わずに進めているが、それがうまくいくかどうか。欧州を見ていると、リベラルにどんな人間でも受け入れることになりがちだが、それは社会的にも政治的にも難しい。日本になじむ移民政策がどのようなものなのかを社会的に議論して合意形成をはかってから入れる必要がある。

 ◆小林泰・ventus(ベンタス)最高経営責任者(CEO) 日本の移民議論は10年ほど遅れている。…

この記事は有料記事です。

残り3548文字(全文3944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです