メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年のサンマ、4年連続不漁 水揚げ12万トン、好転見通せず

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は12日までに、2018年の全国のサンマ水揚げ量が前年比55%増の11万9930トンだったと発表した。歴史的な不漁だった17年は上回ったものの、例年の20万トン以上の漁獲量に比べると低水準にとどまった。組合は「4年連続の不漁だった」と説明している。今後、好転するかどうかは不透明だ。

     サンマが集まる漁場が港から遠い状態が続き、不漁につながった。19年も漁場は遠いとの見方が専門家の間である。詳しくは分かっていないが、漁場の位置は海流や海水温の変化などが影響するとされる。資源量も枯渇が懸念されている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
    2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
    3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
    4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
    5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです