メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道に17年ぶり欧州直行便 フィンエアーが千歳・ヘルシンキ間就航へ

今年12月に新千歳空港に就航するフィンエアーのエアバスA330(同社提供)

 北欧大手フィンエアー(フィンランド航空、本社ヘルシンキ)は12日、新千歳(北海道千歳市)とヘルシンキ両空港を結ぶ路線を今年12月に就航させると発表した。道内と欧州をつなぐ直行便は2002年にKLMオランダ航空がアムステルダム線から撤退して以来17年ぶり。

 北海道庁や道内経済界は欧州各国からの観光客増加や経済交流拡大に向け、欧州路線の復活を求めてき…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです