北海道に17年ぶり欧州直行便 フィンエアーが千歳・ヘルシンキ間就航へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年12月に新千歳空港に就航するフィンエアーのエアバスA330(同社提供)
今年12月に新千歳空港に就航するフィンエアーのエアバスA330(同社提供)

 北欧大手フィンエアー(フィンランド航空、本社ヘルシンキ)は12日、新千歳(北海道千歳市)とヘルシンキ両空港を結ぶ路線を今年12月に就航させると発表した。道内と欧州をつなぐ直行便は2002年にKLMオランダ航空がアムステルダム線から撤退して以来17年ぶり。

 北海道庁や道内経済界は欧州各国からの観光客増加や経済交流拡大に向け、欧州路線の復活を求めてき…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集