メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界銀行総裁候補、イバンカ氏も トランプ政権の意向反映か

 イバンカ米大統領補佐官(ゲッティ=共同)

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は11日、世界銀行の次期総裁候補として、米国のマルパス財務次官やヘイリー前国連大使に加え、トランプ大統領の長女、イバンカ大統領補佐官の名前も挙がっていると報じた。トランプ政権の意向を色濃く反映する可能性がある。

     世銀は7日、キム総裁が任期途中の2月1日付で辞任すると発表。後任探しに着手したという。総裁は代々、米国から出す慣例があるが、今回を機に途上国からの候補を擁立する動きもあるという。

     世銀は途上国の発展と貧困削減を支援する国際開発金融機関。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
    2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
    3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
    4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
    5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです