メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米政府機関閉鎖 無給職員がオークション、国立公園へ無断侵入・・・経済打撃が深刻化も

米政府機関の一部閉鎖の主な影響

 【ワシントン中井正裕】昨年末から続く米政府機関の一部閉鎖が12日、過去最長となり、米国民の生活から経済まで悪影響が広がっている。博物館など公共施設の休業が続くほか、空港ターミナルの閉鎖や経済統計の公表延期なども相次いでいる。閉鎖が一段と長期化すれば、企業や消費者、投資家心理を冷やし、経済への打撃が深刻化しかねない状況だ。

 政府機関の一部閉鎖は昨年12月22日に始まった。トランプ大統領のこだわる「国境の壁」予算を巡る与野…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1229文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです