メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小夏に中村静香さん起用の理由は つかこうへいにこだわる俳優が語る「蒲田行進曲」

「たやのりょう一座」の第3回公演は、故・つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」。中央が、ヒロインの小夏役の中村静香さん=たやのりょう一座提供

 俳優の田谷野亮さん(32)が今春、故つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」に挑戦する。主人公の銀四郎は自らが演じ、ヒロインの小夏役には、女優でタレントの中村静香さん(30)に白羽の矢をたてた。ヤス役は小谷けいさんが演じ、これまで多くのつか作品を手がけてきたこぐれ修さん(劇団☆新感線)が演出し、振り付けは槙田紗子さんが担当する。舞台を中心に活動するかたわら、2016年に、自分の名を冠した「たやのりょう一座」を旗揚げ、つか作品にしぼって公演を重ね、今回も「一瞬のスキもない舞台を」と意気込む田谷野さんに、ヒロイン起用の経緯や、作品への思い入れを聞いた。【小座野容斉】

この記事は有料記事です。

残り4071文字(全文4355文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです