メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小夏に中村静香さん起用の理由は つかこうへいにこだわる俳優が語る「蒲田行進曲」

「たやのりょう一座」の第3回公演は、故・つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」。中央が、ヒロインの小夏役の中村静香さん=たやのりょう一座提供

 俳優の田谷野亮さん(32)が今春、故つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」に挑戦する。主人公の銀四郎は自らが演じ、ヒロインの小夏役には、女優でタレントの中村静香さん(30)に白羽の矢をたてた。ヤス役は小谷けいさんが演じ、これまで多くのつか作品を手がけてきたこぐれ修さん(劇団☆新感線)が演出し、振り付けは槙田紗子さんが担当する。舞台を中心に活動するかたわら、2016年に、自分の名を冠した「たやのりょう一座」を旗揚げ、つか作品にしぼって公演を重ね、今回も「一瞬のスキもない舞台を」と意気込む田谷野さんに、ヒロイン起用の経緯や、作品への思い入れを聞いた。【小座野容斉】

この記事は有料記事です。

残り4071文字(全文4355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです