メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小夏に中村静香さん起用の理由は つかこうへいにこだわる俳優が語る「蒲田行進曲」

「たやのりょう一座」の第3回公演は、故・つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」。中央が、ヒロインの小夏役の中村静香さん=たやのりょう一座提供

 俳優の田谷野亮さん(32)が今春、故つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」に挑戦する。主人公の銀四郎は自らが演じ、ヒロインの小夏役には、女優でタレントの中村静香さん(30)に白羽の矢をたてた。ヤス役は小谷けいさんが演じ、これまで多くのつか作品を手がけてきたこぐれ修さん(劇団☆新感線)が演出し、振り付けは槙田紗子さんが担当する。舞台を中心に活動するかたわら、2016年に、自分の名を冠した「たやのりょう一座」を旗揚げ、つか作品にしぼって公演を重ね、今回も「一瞬のスキもない舞台を」と意気込む田谷野さんに、ヒロイン起用の経緯や、作品への思い入れを聞いた。【小座野容斉】

この記事は有料記事です。

残り4071文字(全文4355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです