メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小夏に中村静香さん起用の理由は つかこうへいにこだわる俳優が語る「蒲田行進曲」

「たやのりょう一座」の第3回公演は、故・つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」。中央が、ヒロインの小夏役の中村静香さん=たやのりょう一座提供

 俳優の田谷野亮さん(32)が今春、故つかこうへいさんの代表作「蒲田行進曲」に挑戦する。主人公の銀四郎は自らが演じ、ヒロインの小夏役には、女優でタレントの中村静香さん(30)に白羽の矢をたてた。ヤス役は小谷けいさんが演じ、これまで多くのつか作品を手がけてきたこぐれ修さん(劇団☆新感線)が演出し、振り付けは槙田紗子さんが担当する。舞台を中心に活動するかたわら、2016年に、自分の名を冠した「たやのりょう一座」を旗揚げ、つか作品にしぼって公演を重ね、今回も「一瞬のスキもない舞台を」と意気込む田谷野さんに、ヒロイン起用の経緯や、作品への思い入れを聞いた。【小座野容斉】

 一座として3回目の公演。3本目の芝居に、小説や映画にもなった人気作を持ってきました。

 ◆本当は、最初に「蒲田」をやりたかったのです。つかさんの作品の中で一番やりたかったのが蒲田でした。映画(深作欣二監督、1982年)を見て衝撃を受けました。

この記事は有料記事です。

残り3950文字(全文4355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです