メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堤防決壊、VRで再現 関東・東北豪雨を疑似体験 茨城

VR映像はゴーグルをつけて見る=茨城県常総市の市地域交流センターで

 国土交通省下館河川事務所は、関東・東北豪雨(2015年9月)で堤防が決壊した茨城県常総市三坂町の当時の状況を再現したバーチャルリアリティー(VR)映像を制作した。12日から同市の市地域交流センター4階で一般に公開される。当時の状況を生々しく疑似体験することができ、同事務所は「洪水の記憶の風化を防ぐのに役立ててもらえれば」と話している。

     映像は、豪雨後に着任して豪雨を体験していない職員が増えたため制作し、研修用に利用していた。常総市が12日から同センターに防災に関連した展示ブースを設けるため映像も一緒に公開することになった。

     映像は約3分半で、ゴーグルを付けて視聴する。堤防のかさ上げ工事が終わった現在の状況を紹介した後、豪雨当時の場面へ。越水が起きた後、堤防が決壊し、大量の濁流が家々に押し寄せる様子がコンピューターグラフィックスで再現されている。

     堤防上から洪水を見ている設定になっており、右を向けば右方向の濁流が見える。立体的な映像になっており、その場にいるような気持ちになる。

     防災のコーナーでは他に、鬼怒川、小貝川の治水と利水の歴史をテーマにしたパネル展示があり、1938年に水害に遭った当時の市内の写真などが見られる。【宮田哲】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです