メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山から見守り2万3000回 被災の聴覚障害86歳 阪神大震災24年

六甲山系の展望台から神戸の街の再生を見守ってきた山村賢二さん=神戸市中央区で2019年1月6日、山田尚弘撮影

 阪神大震災で傷ついた神戸の街が再生する姿を、聴覚障害のある山村賢二さん(86)=神戸市灘区=が山から見守り続けている。19歳から始めた六甲山系・再度山(ふたたびさん)(標高470メートル)への登山は2万3000回を超え、時には展望台から街を見渡す。耳が不自由で震災直後は孤独も味わった。戦災や水害、震災を乗り越えた街に励まされ、山村さんは山へ向かう。

 山村さんは5歳のころ、はしかで中途失聴に。ろうあ学校に通った後で就いた縫製の仕事は座る時間が長く、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです