メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山から見守り2万3000回 被災の聴覚障害86歳 阪神大震災24年

六甲山系の展望台から神戸の街の再生を見守ってきた山村賢二さん=神戸市中央区で2019年1月6日、山田尚弘撮影

 阪神大震災で傷ついた神戸の街が再生する姿を、聴覚障害のある山村賢二さん(86)=神戸市灘区=が山から見守り続けている。19歳から始めた六甲山系・再度山(ふたたびさん)(標高470メートル)への登山は2万3000回を超え、時には展望台から街を見渡す。耳が不自由で震災直後は孤独も味わった。戦災や水害、震災を乗り越えた街に励まされ、山村さんは山へ向かう。

 山村さんは5歳のころ、はしかで中途失聴に。ろうあ学校に通った後で就いた縫製の仕事は座る時間が長く、…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです